読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞の社会面をなぜ三面記事という?

三面記事といえば社会面の俗称、下世話な興味をそそるようなゴシップ記事のことをやや軽蔑的なニュアンスでこう呼ぶこともあります。

 

この呼び名は、昔、新聞が四面しかなかったころの名残なのです。

 

明治時代の新聞は四面で構成されているのが普通でした。一面は広告、二面は政治・経済記事、三面が社会面で、四面には連載小説、家庭・文化記事が載っていました。

 

それで社会面の記事のことを三面記事と呼ぶようになったのです。

 

紅茶と緑茶と色が違うのはなぜ

お茶を飲むのは日本人だけではありません。周知のごとく、世界各地でそれぞれ喫茶の風習があります。

 

たとえば、四〇〇〇年も前から茶を味わうことを知っていたといわれる、いわば元祖ともいえるのが中国人です。

 

そしてこの中国から製造法も飲み方も教わって、独自においしい日本茶をつくり出しだのが日本人です。

 

また、ヨーロッパでは三〇〇年ほど前に、茶を発見しています。とくにイギリス人は、一八〇〇年代にインド東部のアッサム地方で発見された現在のアッサム茶を知ってからというもの、「五時のお茶」という優雅な風習を生み出しだけど、紅茶好きで有名です。

 

さて、こうした中国茶日本茶、紅茶も、もともとは同じ茶の木からつまれた葉が原料です。

ただ、その製造法の違いによって、こうした種類に分かれたのです。

 

その製造法の違いというのは、葉の中にある酵素を十分に発酵させるかさせないかによって決まります。

まり、令発酵させたものが紅茶です。

 

 

これは、つんだ葉を棚に広げてしおれさせ、ローラーにかけて汁をしぼり出してから、広げてぬれた布でおおいます。すると、葉の酵素がはたらいて発酵し、黒っぼい色に変わるのです。そこで、この葉の色から西洋では紅茶のことを「ブラックーティー」(黒茶)と呼んでいます。

 

紅い茶と認めるのは、中国と日本だけで、紅茶はけっして万国共通の名称ではないのです。

 

また、中国茶は半発酵させたもので、発酵の度合いによっていろいろな種類がつくられています。発酵が部分的なので、その色は緑色ではないけれども、まっ黒でもありません。

 

日本茶は、この発酵がまったくありません。それは、美しい緑色に仕上げるために、製造の第一段階で酵素のはたらきを止めてしまったためです。

 

このように、同じ茶の木からつくられているにもかかわらず、まったく違った色になってしまうのです。

 

また、その成分も、人体におよぼす影響もすっかり違い、たとえば、紅茶に含まれるカフェインの量はかなりのもので、飲みすぎると不眠になったり、心臓の動悸を速めてしまうことかあり、注意が必要です。

 

しっかり効果が出る永久美白を行うために

美白クリームは、剃刀とか毛抜きを利用するムダ毛の美白方法と比較して時間がそんなにかからず、簡便に結構広い箇所のムダ毛を処理する作用があるのも値打ちのひとつです。

美白とダイエットを兼ね備えていると考えられるのが、ゲンキングさんが愛用しているのが「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」ですね。

青汁は苦手という人も、このフルーツ青汁はとても飲みやすいと評判みたいです。ゲンキング 青汁 GENKINGさんのキレイの秘密がここにあるのかもしれません。


自分で剃ったりしていたら、しくじって炎症を起こして肌が腫れたり、毛穴の部分が黒ずんだりして大変でしたが、美容液サロンで施術してもらう完璧な美白は、健康的な美しい肌を保つようにしてくれるのできっと満足できることと思います。
ワキ美白をしようと思ったら、あなただったらどういったところでやってもらいたいと考えますか?今なら、気安く行くことができる美容サロンに決める人の方が多いかと思われます。
この頃は技術の進歩もあって、良心的な価格で痛みも軽く、その上安全性が非常に高い美白も容易に行えるようになりましたので、総合的に考えると美白美容液に足を運ぶ方が最終的に良い結果になると思います。
美白クリームは、一生発毛することはないと言えるものではないですが、楽に美白の処理ができるという点と即効性を持つ点を見ると、案外役に立つ美白法ということです。

本当は永久美白の処理を受けたように、徹底的に綺麗な状態にするのがゴールではなく、ムダ毛を薄くできればOKとの考えを持っているなら、美白サロンで実施されている光美白でちょうどいいという案件も結構あります。
二年間通い続けることで、大方が満足できるほどにワキ美白が仕上がると言われているので、長いスパンで見て二年くらいかけてすっきりした状態にまで美白できると念頭に置いておいた方がいかもしれません。
最新技術を応用して作られた家庭用美白器は、効き目並びに安全性はサロンと変わらず、対費用効果や使いやすさについてはカミソリなどによる自分で行う処理と同等という、確実にいいとこ取りの集大成ともいえる超おススメアイテムです。
まれに、仕事に追われてカミソリや毛抜きでのムダ毛のケアが難しい日だってもちろんあります。そんな時も美白処理を受けていれば、いつでもつるつるの状態を維持しているわけですからケアを忘れたからと言って何の問題もありません。
しっかり効果が出る永久美白を行うためには、用いる美白器に高い出力レベルを必要としますので、サロンなどや医療機関である美容クリニックのようなその道のプロでないと使うことができないということがあります。

今までの美白法と比較して肌に負担がかからないフラッシュ美白が導入されるようになってからは、1回分の処置において必要な時間がかなり縮まって、痛みも軽減されていると口コミで広がって、全身美白の利用者が急増しています。
最近よく耳にする永久美白とは、最終ケアから1か月後の毛の再生率を限界まで引き下げることで、本当に無駄毛が見当たらないということは、だいたいあり得ることではないと言われているのです。
全身美白コースを設けているサロンは多いですが、実質どこのサロンでもずば抜けてリーズナブルに利用できるコースです。繰り返し小刻みに受けに行くんだったら、しょっぱなから全身美白コースを選ぶのが却って安くあがります。
「ムダ毛ゼロのキレイな素肌を披露したい」男であろうと女であろうと、持ち合わせているに違いない心の底からの願い。美白クリームを使うべきかあれやこれやと迷わず、来たる夏には美白クリームを役立ててモテ肌ボディを手に入れよう!
VIOラインのケアってそこそこ気がかりだったりしますよね?最近の傾向としては、水着を着用する季節に向けてキレイにしようというのではなく、エチケットの一つとしてVIO美白を行う人が、増加の一途を辿っています。

酵素ダイエットについて

酵素を取り入れたダイエットはなぜ痩せるかというと、酵素には腸を整える成分がたくさん含まれており、腸内環境をよくして便秘の解消や新陳代謝を高める効き目があるため、じわじわと痩せるようになるのです。

 

痩せる為には一時だけ飲むのではなく続けて飲むことで、その効果を得られやすくなります。

少し前から気になっていた酵素ダイエットを行おうとネットで色々と調べてみました。酵素ダイエット用のドリンクを購入したかったので、口コミを確認すると、選ぶ際には気をつけないと後悔すると書いてありました。

 

購入してから味が不味かったらダイエットが続かないからだそうです。そういったわけで私は一番高評価だったものを買うことにしました。加

齢によって基礎代謝が低下して、痩せづらくなっている方にオススメなのが酵素を使った痩身法です。酵素痩身法の方法は、一日一食を酵素ドリンクに置きかえるという方法です。可能ならば夕食を置き換えると、高い効果があるでしょう。

 

寝ている間に酵素を補い、次の朝にはスッキリと起きてその日を迎えることができるはずです。

スキヤキがなぜ日本を代表する料理か

スキヤキといえば、坂本九が歌った「上を向いて歩こう」がアメリカで発売されたときに、なんと「スキヤキ」と改題されたほど、いまではてんぶら、刺身とともに、ロ本を代表する料理となっています。

 

また、庶民の間でも、冬になると家族いっしょにスキヤキ鍋をつつく光景が見られます。

 

この牛肉を食べるという習慣は、けっして占くからあったものではありません。もともと、文明開化とともに外国から入ってきた習慣なのです。

 

もちろん、それ以前にイノシシやシカを食べることはあったのですが、一部の地方を除いてなぜか牛は食べませんでした。ところが明治四、五年に書かれた仮名垣魯文の『安愚楽鍋』には、「牛鍋食はぬは開化不進奴(ひらけぬやつ)」と書かれるほどにまでなったのです。

 

この牛鍋は、外国から直輸入の血もしたたるローストビーフやステーキでなかったところがミソで、五分切りのネギといっしょに、薄い鍋に煮立てたものでした。

 

柳田国男は『明治大正史世相篇』(昭和五年)の中で、この日本的な新様式について、「勝手に鍋の中のものを欲しいだけ取るといふ点」「色々の手続と装備を略し、実価を低くして大衆の人込みに便ならしめた点」を流行の原囚としてあげています。つまり、もともと、外国のものであった牛食が号つした日本式発想でつくりかえられたために、庶民の間で大いに流行し、それが、いつのまにか日本を代表する料理にまでなったというわけです。

 

ちなみに、牛鍋が「スキヤキ」と呼ばれるようになったことについては、いろいろと説

があります。

 

一つには、江戸時代の『料理談合集』にみられる「鋤焼き」からきたとする説です。 これは夕力や鴨やカモシカなどの肉を、使い古しか鋤の上で焼いて食べた料理法に出来するというものです。

 

また、獣肉や魚肉を薄く切ったものを「すき身」というので、この「すき身」をなべで焼くところから「剥焼き」と呼ぶともいいます。

 

ところで、こうした魚肉や鳥肉のかわりに、すぐに牛肉を使ってみるという無頓着さは、いかにも日本人らしいやり方です。この無頓着さが、日本を代表する料理の一つ、スキヤキを生んだともいえます。

 

スキヤキが日本を代表する料理であるのは、その味もさることながら、日本的発想がいっぱい詰めこまれているせいなのかもしれません。

 

 

江戸時代も数学のレベルは高かったか

私たちが、いま使用しているのは西洋数学です。エジプトに端を発し、ギリシャをへて、何千年の歴史中から成立してきたものです。

 

ところで、日本には和算という数学がありました。これは、江戸時代の初期にはじまったもので、幕末時代には、西洋数学のレベルに達していたというのです。

 

 

西洋では何千年もかかって、大学者が研究してきた数学ですが、日本ではわずか言○○年足らずの期間に、それも町や村の庶民の間に根をトろし、研究され、高度に発達してきているのです。

 

この江戸時代の数学が、どんれた算額から、よくわかります。「算額」というのは、自分が解いた数学を、順に書いて神仏に掲げるもので、初めは「数字絵馬」といっていました。

順には問題、答え、解き方、幾何学図形、そして、先生と自分の名前などが書かれています。

 

たとえば、京都の八坂神社にあるものは、当時の数学者、長谷川鄭完が掲げたむので、現代数学でいえば、七〇次方程式でものはノ二七桁という大きな数の、二六乗根を出せというもので、横ニメートルもある額いつぱいに計算がしてあります。

 

京都の安井金比羅宮にあるものは、現代数学の等比級数にあたるもので、どうやら子どもが習ったものらしく、四季の数学という題で、わかりやすく出題してあります。

 

日本中には、このような算額が数多く残っていますが、この算額の名前を見ると、鳥居の政松とか、樽尾の平吉とか、柚師(きこり)の文蔵などという素朴な名前が多いのです。

 

いまは西洋数学におされて、の薄くなった和算ですが、江戸時代には実に多くの一般庶民が勉強し、しかも、それが高いレベルに達していたのがよくわかります。

 

 

冷夏はなぜ起こるのだろうか

一九八〇年の夏は、例年にない涼しさで農作物に被害を与えたり、海水浴場の出足を鈍らせたり、様々な影響を各方面におよぼしました。

気象庁はこの原因を「科学的な説明はつけにくい」としていますが、ある研究員によれば。火山の爆発”によるものなのだとしています。

 

一九八〇年五月、アメリカ・ワシントン州のセントヘレンズ山は突如、大爆発を起こしました。

 

 

その研究員の説は、この爆発が冷夏を引き起こしたというものです。つまり、こういうことです。

 

「偏西風に乗って北半球の高空をすっぽりおおった火山灰のカサが太陽光線を弱め、まず北半球全体が冷却されます。このため北半球と南半球のバランスがくずれて、赤道、南半球から暖い人気が流入してきます。この大気の異常な流れが、異常気象をもたらしたわけです」

 

一九世紀末から二〇世紀初めにかけて、ジャフ島やクラカトア火山などのいわゆる。四大火山爆発”が起こったことかあります。そのときにも、東北地方をはじめとして、深刻な冷害に見舞われました。

 

また、昭和。一一九年三月のビキニ水爆実験直後にも、噴き上がった灰のため、わが国は冷害に見舞われ、世界的にも異常気象の年となっています。

 

このような火山の大爆発や核実験が地球規模の異常気象の原因になるという説は、いま、多くの注目を浴びています。

 

ただし、過去にも、セントヘレ犬ス」と匠じ規模の火山爆発がありましたが、そのときは「冷夏」ではなく、むしろ「暑い夏」だったことから、まだ十分には解明できていないのが実情のようです。